周辺グッズまとめ


今回は一眼レフと合わせて買っておきたい、周辺グッズをご紹介します。

・ストロボ

外付けのフラッシュのこと。フルサイズの一眼レフにはフラッシュが内蔵されていないものが多いため、フラッシュは別で用意する必要があります。

・拡張グリップ

拡張グリップは文字通り持つ部分(グリップ)を拡張する外付けアイテムで、一眼レフを縦で持った時にシャッターボタンとダイヤルが操作しやすくなります。縦で一眼レフを構えると腕をずっとあげることになるので結構疲れます。

拡張グリップがあると縦持ちでも横持ちでも同じ位置にシャッターボタンがあるのでとても楽です。
人物を撮るポートレート撮影は縦持ちでの撮影も多いので拡張グリップは欠かせません。拡張グリップをつけるとバッテリーが2つ搭載できるので、長時間の撮影にも便利です。

・三脚

スタジオでの人物撮影や風景などをブレなく撮影するなら三脚は必須。また、セルフタイマーで撮影するときにも三脚にセットして撮影するので、一脚あると便利です。


・ブロワー

一眼レフやレンズのメンテナンスに欠かせないブロワー。レンズを交換するときにホコリが入ってしまうと写真に影が入ってしまうことも。なのでこまめにブロワーでホコリやゴミを飛ばしてメンテナンスするようにしましょう。


・液晶保護シート

最近の一眼レフの多くがタッチパネル搭載で画面に直接触れて操作するものが多いです。液晶保護シートを貼っておかないと指紋だらけになったり、万が一一眼レフを落として液晶が割れたら目も当てられないので、保護シートは必須です。


SDカード

一眼レフは基本的に写真を保存するSDカードがついてきません。なので別で用意する必要があります。SDカードは容量や読み込み・書き込み速度で値段が大きく変わります。


・予備バッテリー

外で撮影してるときに電池切れ・・・せっかく写真取りに来たのにこれでは台無しです。

撮影時間が長いほどバッテリー切れのリスクがありますので、予備バッテリーは用意しておきましょう。

・カメラバッグ

一眼レフは精密機械です。カバンに適当に放り込むのではなく、衝撃を緩和する素材の使われた専用のカメラバックを使用するようにしましょう。


・まとめ

一眼レフは本体とレンズに加えて用意するものが多いです。
様々なグッズを揃えて、快適な撮影をしましょう!

ページトップへ
Copyright All Rights Reserved.