一眼レフとミラーレス

一眼レフとミラーレス、どっちを買おうかな・・・・けど違いがよくわからない・・・という人もいるのではないでしょうか。今回は買う前にチェックしてほしい、一眼レフとミラーレスの違い、選び方についてご紹介します。


・持ち歩く・思い出として撮るならミラーレス

一眼レフを持ってるけど、重いから持ち歩くと疲れる・・・せっかく買った一眼でも、そんな理由から旅行に持っていかない人も少なくありません。持ち歩いていろんな場所で写真を撮るなら、取り回しのしやすいミラーレスを選びましょう。

・ミラーレスは交換レンズが少ない


ミラーレスは独自の企画を使用しているため、一眼レフに比べて交換できるレンズが少ないです。
その代わり1本である程度完結できるレンズが多いので、交換レンズを持ち歩かない人も多いです。
レンズがないだけで結構重さも変わるので、デメリット半分手軽さ半分といったところでしょうか。

・動くもの(スポーツなど)を撮るなら一眼レフ

スポーツや遊んでいる子供など、動いている被写体を撮影する場合は一眼レフがおすすめ。
ミラーレスは軽い分一眼レフに搭載されているミラーボックスがないので、被写体までの距離が測りにくく、フォーカスが遅くなります。

また、ミラーレスは電子ファインダーのため、シャッターを切るまでにタイムラグが発生するため、動きが不規則なスポーツを撮影するのには向いていません。一眼レフはミラーボックスがありオートフォーカス専用のセンサーが搭載されています。


ファインダーと合わせて2つのセンサーで被写体との距離を測るため、フォーカスを合わせるのが早くシャッターを切る速度も早くなります。

また、一眼レフは光学ファインダーを搭載しており、電子ファインダーに比べてタイムラグなくシャッターを切ることができます。

ミラーレスに搭載されているセンサーはコントラスト検出式AF(オートフォーカス)、一眼レフに搭載されているのが位相差検出式AFといい、動く被写体を撮影するのに適してるのは位相差検出式AFです。そのため動く被写体は一眼レフが優位とされていたのですが、最近では位相差検出式AFセンサーになる画素を埋め込んだミラーレスも登場しているので、一概に一眼レフが優位とも言えなくなってきています。


・作品として綺麗に撮影するなら一眼レフ


一眼レフとミラーレスの違いにファインダーの違いがあります。


一眼レフ・・・光学ファインダー
ミラーレス・・電子ファインダー


光学ファインダーは目で見たものをそのまま写真に収めるのに対して、電子ファインダーは生で見たものを画面に一回通して写真に収めます。


自分の目で見たものと、テレビで見たものでは見え方が違いますよね。
自分の見た通り、イメージ通りに撮影したいのであれば一眼レフ一択です。


・まとめ

ミラーレスと一眼レフの選び方は何を撮るかによって変わります。軽くて取り回しがしやすく、思い出の写真を気軽に撮るならミラーレス動くものを取ったり、自分で見た通りの写真を撮りたいのであれば一眼


カメラ選びの参考にしてみてくださいね。

ページトップへ
Copyright All Rights Reserved.