スマホごとのカメラ画質比較

スマホカメラは画素数が多ければいいのか

スマホのカメラは年々進化しています。スマホカメラの宣伝でよく聞くのが、「6500万画素」「1億画素」という画素数の競争です。しかし、画素数は実際に画質に影響しているのでしょうか。

結論は、画素数は画質に影響しているけど、画素数だけ多くても意味は無い、といったところです。画素数が多ければいい写真が撮れるとは限らないのです。

画素数が影響してくるシチュエーションは、主に撮った写真をポスターなどにするために拡大したときです。画素数が多ければ多いほど、拡大したときに鮮明さを維持できます。逆に言うと、写真をスマホ内で見るだけなら、そこまでの画素数は必要ないということです。一般的には1200万画素あれば問題なく、実際にAppleなどの大手から出ている機種は1000万画素前後のものが多いです。

画素数の他に何を基準に判断すればいいのかというと、絞り値、ISO感度、手振れ補正などです。絞り値は、カメラに光を取り込む量を調整する能力の値です。基本的には少ない方がいいとされています。ISO感度は光にどれだけ敏感かを示した数値で、ISO感度が大きいと暗い場所での撮影が容易になります。そして、いくらカメラの画質が良くても、ぶれてしまっては良い写真は撮れませんから、優秀な手振れ補正は欠かせません。

自分の用途に合った機能が搭載されているスマホが、自分にとっての高機能なスマホとなります。画素数はあくまで1つの要素としてとらえましょう。