スマホごとのカメラ画質比較

スマホのカメラの画質は何で決まるのか

SNSの発達により、一般の人でも写真をパブリックに公開することが普通になっています。そのため、スマホでもカメラの画質を重要視する人が増えています。しかし、カメラの画質は何を基準に判断すればいいのでしょうか。

まずチェックしたいのが画素数です。画素数とは画像を構成する要素で、ピクセルという言い方もします。画素数の数が多いほど、画像が鮮明になります。画素数はスマホによって異なり、少ないもので1200万画素、多いものでは5000万画素くらいです。ちなみに、主流のスマホの中で最も画素数が多いのはXaomiのRedmi Note 10 Proで、画素数が1億800万画素です。

画素数の次に気にしたいのがf値です。f値は絞り値とも呼ばれるもので、カメラの入ってくる光の量を調整する仕組みのことです。一眼レフなどでは撮影状況や被写体に合わせてf値を調整するのですが、スマホカメラの場合は暗い場所での撮影や手ブレに対応できるよう、f値は低く設定されている方が良いとされています。

レンズの数でも画質を判断できます。初期のスマホはメインのカメラ1つだけで、近距離の撮影や暗所の撮影に対応していました。しかし、最近のスマホは複数のレンズを搭載し、撮影状況に適したレンズに自動で変わるようになっています。つまり、基本的にはレンズの数が多い方が対応できる撮影状況が多く、画質が良くなります。

画素数、f値、レンズの数の3つ以外にも様々な要素がありますし、好みで判断しなければいけないこともあります。これらを踏まえて、次にスマホを選ぶときのヒントにしてください。